〈CONTENTS〉
未来空間の仕事って?
未来空間のメリットって?
未公開物件って何!?
不動産仲介業者の業務って?
仲介手数料のおはなし!
重要事項説明書って?
(参考情報!)
わが街高槻ガイド
高槻市住宅課
重要事項説明(規制確認)
境界確定図閲覧
景観基本計画
建築協定について
私道の知識
盛土大規模造成概略図
高槻市地震ハザードマップ
高槻市耐震化アクションプラン
高槻市木造耐震診断補助@
高槻市木造耐震診断補助A
高槻市木造耐震診断補助B
高槻市木造耐震診断補助C
耐震診断基礎知識
耐震基準適合証明書完全解説
耐震基準適合証明書作成業務
H30.補助金・減税・優遇措置
高槻市水道加入金
高槻市下水道受益者負担金
インスペクション調査って何?
売主がインスペクション調査
買主がインスペクション調査
地盤サポートマップ
事故物件サイト
全国地震ハザードマップ
(売主様、買主様へ)
売主様取引の前にご覧下さい!
 【売主の保有書類の告知】
 【売主の不動産情報の告知】
【売買物件付帯設備状況報告】
 買主様取引の前にご覧下さい!
(お引越し情報)
引越し手続きのチェックリスト
電気の使用開始・廃止の手続き
 【関西電力】0800-777-8018
ガスの使用開始・中止の手続き
 【大阪ガス】0120-5-94817
水道の開栓・閉栓の手続き 
 【水道局】674-7890
電話、インターネット
 使用廃止・ 開始の手続き
(お役立ち情報)
振込手数料の検索
高槻市各地区のゴミ収集日
高槻市郵便番号一覧
消費税の内税計算
色々な計算サイト
西暦和暦年齢一覧表
(税金や国の機関)
全国地価マップ
収入印紙について
固定資産税について
法務局
不動産取得税(都道府県税)
三島府税事務所 072-627-1121
茨木税務署
【電話相談】072-623-1131
大阪地方裁判所・家庭裁判所
(サービス情報)
 ギャラリー収納
 リリーフ(おかたずけ)
解体工事ってどれくらい?
 
【おもてなしの心を添えて・・・】
未来空間の事務所は、住宅街のど真ん中に位置しています。
地域密着で、主に2人で活動しています。女性ならではの視点で、宅建士でありファイナンシャルプランナーも常時サポートしています。住んでみてわかるリアルな地域情報を、お客様にご提案できることを自負しております。本当にお客様にとって
「安心して取引ができるかどうか?」の迷いはつきものです。限りなくお客様に近い立場で、「透明性、公平性」を中心にメリット、デメリットを明確にお伝えして、広い知識と経験をもとに、専門分野はプロと提携しソリューションに備えています。私自身が一番嫌いな、しつこい営業や強引な取引は一切いたしておりませんので、どうぞご安心下さい。
従来の固定された不動産業界の悪しき印象を払拭し、お客様と末永いお付き合いをさせていただくために、そして目指すところの〈喜び〉・〈満足〉・〈幸福〉をお届けできるように、
「一期一会のおもてなしの心を添えて」喜んでお手伝いさせていただきます。

 
【コストをおさえて、お客様に還元宣言!】
みなさんは、不動産情報を探そうとするときにまず何を基準に選びますか?インターネットが普及した現在では、不動産情報をわざわざ不動産業者の店舗に出向いて収集する時代は終わったのではないでしょうか。あえて駅前に店舗の必要がなくなったのです。
「人件費、店舗費、広告費等のコスト」
をできるだけ省いて、インターネット中心に営業活動に徹することで、その分、「お客様に還元」できるように常に考えています。
そして限りなくお客様に近いスタンスで、お手伝いをいたします。社員をたくさんかかえてハイコストな会社や、ノルマのかかっている営業マンでは、取引の融通性がありません。なぜならば契約を取ることが大前提となるからです。当然ながら契約を取らないと成績になりません。しかし、お客様の立場を理解した契約を目指すものなのかどうか疑問が残ります。
取引は千差万別、色々なケースがありますのでその都度対応したいと考えています。
お客様と物件購入から引渡しに至るまで、経験豊富なコンサルティングで、未来に向けてサービスの向上に日々努力を重ねています


【まかせて安心ワンストップサービス!】
少人数の事務所なので、むやみに取扱いエリアを広げずに、「売買物件を主に地域密着」で絞り込んでいますが、地域外でのご相談ももちろん大歓迎です。もともと未来空間では、関西エリアでの不特定地域の情報を提供していましたが、HP掲載では限界があり地域を集約することにいたしました。不動産に関連する、賃貸、管理、相続や資産活用、セカンドライフ等、様々なライフプランニングの中から、発生するリスクマネジメントに至るまで対応いたします。その道の専門家の弁護士、司法書士、税理士、土地家屋調査士、建築家、ハウスメーカー等と連携し、それぞれのプロフェッショナルの視野から問題の解決をいたします。
買換えや任意売却の相談、競売物件の購入のお手伝いや、ローン相談等、
「小回りのきく身近なサービス」をどうぞご活用下さい。

ページの最初に戻る

 
【売却することをまわりに知られたくない!】

物件の所有者【売主】が、諸事情で物件情報を開示することを制限していることを言います。
それは、隣近所や知人や公に知られたくない等、その理由は様々です。そのためにHP掲載ができず、公開できない物件のことを言います。
【希望条件登録】をして会員になられた方には未公開物件をご紹介できます。

(希望条件登録していただきますと、自動的に会員となります)

    
←〈こちらをクリックして下さい〉

【他の業者が販売活動ができない!】
不動産を売却する時には、物件の所有者【売主】が、不動産業者と媒介契約をします。
特に、
【専属専任媒介】や【専任媒介】という媒介契約を結んだ時のケースでは、一社のみの不動産業者に依頼することになります。宅建業法で売却依頼を受けた業者は、近畿圏不動産流通機構という不動産業者だけが閲覧できる(レインズ)サイトに物件を登録して、他の不動産業者に広く情報を公開し、買主を探してもらわなければなりません。
この媒介業者は、完全に独占して販売活動ができる為、他の業者に対してある一定の時期までは、お客様に情報提供や内覧等を控えたり、広告等を拒んだり、営業活動を制限してくることがあるのです。それが昨今問題となっている囲い込みというものです。
消費者にはピンときませんが、【専属専任媒介】
【専任媒介】という媒介契約を結べたら、一社の業者だけにビジネスチャンスが到来するのです。直接買主と成約できたら、売主および買主双方から手数料を受領できるため、とっても効率的でダブルで手数料が増えることになります。
そのために、【専属専任媒介】【専任媒介】取得に躍起になり、情報開示に消極的な業者も一部にはあるように思います。ある一定の期間が過ぎて売れなければ、ようやく他社に販売協力を要請するというような傾向もあります。しかしどうでしょうか、不動産は適正な価格でタイミングよく、購入希望者に情報開示することが公正だと思います。
早期売却できることが、本当は売主にとって喜ばしいことではないでしょうか。
業者の都合ではありませんね。

ページの最初に戻る

  
【意外と認知されていないサービス】
 
●売却希望者の物件査定を行い、価格等のアドバイスをする。
 ●物件の法的、物的調査を行う。
 ●売却物件を広告活動やオープンハウス等を行い、購入希望者を探す。
 ●物件の案内、アドバイスやコンサルティングを行う。
 ●購入希望条件に基づき、不動産業者や売主様と条件交渉を行う。
 ●住宅ローン等の申し込み準備や、契約前の調査、重要事項説明書や契約書を作成する。
 ●重要事項の説明と不動産売買契約締結の立会をする。
 ●住宅ローンの申し込みや手続き等、残金決済(引渡し)までの事務作業等を行う。
 ●残金決済、引渡し業務の立会および最終確認。

主に上げると以上の業務が代表的項目ですが、それぞれの物件に応じて多少目に見えない事項が付随します。
サービス内容は仲介業者によって異なりますので注意が必要です。未来空間では、その目に見えない事項に着目し、想定して透明化して解決します。




ページの最初に戻る

 
ここで、お客様が業者に支払う手数料は【成功報酬】といって、売買契約が成立してはじめて発生します。
すなわち、売買契約が成立しないと基本的に業者は手数料をいただくことができません。

売買契約が成立したら手数料の支払い方法は、契約締結時に半金、残金決済(引渡し)の時期に半金、もしくは残金決済(引渡し)の時期に一括に支払うかは事前に取り決めをしておいた方がよいでしょう。


   売買の媒介における報酬額の上限(建物価格にかかる消費税は除く)  
 1)   物件の価額のうち200万円以下の部分について  5%+消費税8%
 2)   200万円を超え400万円以下の部分について  4%+消費税8%
 3)   400万円を超える部分について  3%+消費税8%
※物件価格が400万円を超える場合においての速算法(価格×3%+6万円)×1.08〈消費税〉  
ページの最初に戻る

 

 耐震基準適合証明書
 ページの最初に戻る